2009年08月18日

カフェイン 七日間の健康ダイエット

コーヒーに含まれるカフェインの効能・効果


コーヒーに含まれるカフェインの主な作用は覚醒作用や解熱鎮痛作用や利尿作用。

医薬品にも使われており(栄養ドリンクにはまず含まれている)、

ねむけ、倦怠感、頭痛等に効果があるが(薬の成分を見ると大抵含まれている)、

副作用として不眠、めまいがあらわれることもある。一部の薬とも相性が悪い。



若干の依存性も持つが、

その場合も害はわずかなものであって

健康への影響は無視できる程度である。



興奮状態が続くためカロリーの消費量は高く維持されます。

また、カフェインによる興奮状態中に運動することで、

パフォーマンスが上がったり、消費カロリーが増えたりします。

2009年08月09日

カテキン 七日間の健康ダイエット

脂肪燃焼に効果のある他の食材として,緑茶を挙げることができます。緑茶の健康効果を前面に出した商品も増えていますので,ご存知の方も多いでしょう。効果的な栄養素は,カテキンです。

血中に取り込まれたカテキンは肝臓まで到達し,ここで脂肪燃焼酵素が活性化分します。
つまり,カテキンは肝臓での脂質代謝を高める働きをする訳です。また,カテキンは血中脂質を正常にしますので,これによって血行が良くなり,基礎代謝が高まることも期待されます。
こうした効果は,緑茶の継続的な摂取によって得ることができます。

2009年08月04日

ナイアシン 七日間の健康ダイエット

ナイアシンとは糖質や脂質、タンパク質の代謝を促進させるビタミンです。
ナイアシンが含まれている食品は、インスタントコーヒー、メカブワカメ、いわし、カツオ、アジ、たらこ、などに含まれています。

一日の摂取量は成人男子で15mg、成人女子12mgです。
一日の摂取量以上摂ると皮膚が赤くなったり、嘔吐や下痢、肝機能障害などが起こるので、目安を守るように摂取してください。

2009年08月02日

カプサイシン 七日間の健康ダイエット

カプサイシンとは、唐辛子などに含まれる辛味成分です。

カプサイシンを摂取すると、エネルギーの代謝を促し脂肪燃焼に効果的です。
体の決行を促進し体を温めたり、冷え性や肩こり等にも効果があります。

2009年08月01日

ビタミンB2 七日間の健康ダイエット

ビタミンB群のなかで、脂肪燃焼を促進する働きがあるのがビタミンB2です。

ビタミンB2は、脂肪燃焼を促進するので脂質の摂取が多いほどビタミンB2はたくさん必要になります。

ビタミンB2を多く含む食品としては、レバーや魚介、卵、牛乳などの動物性食品、、海草やナッツ類をはじめ多くの食品に含まれているので、いろいろな食品を少しずつ食べることがおススメです。
1日の摂取量でビタミンB2の推奨量は、成人男子で1.6mg、成人女子で1.2mgです。

2009年07月31日

カルニチン 七日間の健康ダイエット

カルニチンは、アメリカの肥満外来病院で使われる程、脂肪燃焼を助ける効果のある成分です。

カルニチンが含まれている食品は、ラム肉、牛肉、豚肉、赤貝、鶏肉、ハム、あさり、アジ、アボガドなどです。

1日あたりの摂取上限の目安量を約1000mgまでとされていて、Lカルニチンについて食べ物で摂ると目安としてL−カルニチンを1000mgを摂るにはマトン(羊肉)では500g、牛肉では1600g食べなければなりません。

そんな量を食べるには苦労しますので、サプリで補うことをおススメします。
サプリで摂取すれば余分な油を摂ることを回避できることや、手軽に摂取することができます。


カルニチンはコチラ    七日間の健康ダイエット
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。